Friday, 16 June 2017

Middle of the way

すでに半年が過ぎました。

半年ぶりに見る自分が掲げた今年の目標。覚えていたのはひとつ、ふたつ、、、、

今の所、SNSを細分化してほんの少しだけ土台を作った感じ。
自由なモノ作りのためにミシンも買った。はやく本格的に動かしてあげないとな、、、

2019年まであと1年6ヶ月。この短い時間をどう有効に使うか、身を引き締めないと。たまに自分のこの日記ブログを確認することで意識改革しないとな。

自分の中にある開かずの間について先日考える時期があった。そんなときにyoutubeで見つけたアドラー心理学。嫌われる勇気をもち、役割の分担をしっかりする。嫌われるように行動する意味ではなく、自分の意見、自分を主張することで他人に何と思われようとも、判断することは他人の仕事であって自分にはどうすることもできないから関係がない。他人の目を気にする人はその判断を他人がするものだという事実に向き合うのが恐く、ついつい他人に合わせて都合の良い判断をもらいに行こうとする。そんなことでは自分の意見もくそもない。他人の判断なんて関係ない。
口では簡単なのだけれども、暗闇がある人にとっては本当に訓練が必要で、今まではその訓練さえしてみようと思う気にもなれなかったけど、なぜかアドラーの心理学はすんなり受け入れる事ができ、そのように考えられれば自分がすごく楽になると感じる事ができた。他人の目ばかりを気にするのはやめよう、降っている雨を傘でよけることはできても雨を止める事は誰にもできない、他人の役割を自分ではどうすることもできないというのは、本当にはっとさせられた。
早朝に目が覚めて自分が嫌になって不安になって、体中全身からたちこめてくる億劫な気持ちで負のスパイラルでしかなかったあの朝に、ネットの何かによりどころを求めた自分よ、よくやった。今までは誰かに、何かにすがるということもしなかった、むしろどこかで拒否していたけれども、自分の負の部分を素直に認めようとふいに思ったことで、今まで直視できなかったことを少し正面向いてみれるようになったきがする。


話は変わるが今年はイギリスで大変な事件がたくさん起きている。
Westminster, Manchester, London Bridgeでのテロ事件、Grenfell Tower fire。
身近な場所でたくさんの人が昨日まで当たり前にあった命、明日も同じようにやってくるはずだった命を落としている。いつ自分の身に何が起きるかは本当にわからない。

当たり前のように続いている日々は決して当たり前ではないのだと、当たり前の話だけれども。


Sunday, 1 January 2017

HAPPY NEW YEAR 2017




1年なんてあっという間に過ぎました。
昨年書き留めた自分の目標に対して自分ができたことは20%以下。
むしろ仕事が始って多忙になり、自分に甘えがでたこと100%。いつまで同じ事を言うのでしょう。もうちょっと現実を考慮した上の目標が必要なのでしょう。

2016年を振返り。

1月 東京での生活にも慣れ始め、近い将来について考え始めた頃に今の会社から具体的に仕事のオファーをもらう。決心の月。
4月 結婚。
5月 シェアハウスを出、漫喫生活、Air B&B生活。31歳、住所不定。実家の素晴らしさを知る。
6月 再びロンドンへ。6年ぶりのフルタイムワーカーに。
7月 インスタレーションの準備、インストールで激務。パリ出張何回行ったのか。
9月 イタリア初出張。製作現場を見ることの興奮ときたら。
10月 ショールーム。ファッション業界に疲弊。引っ越し。
11月 一人でイタリア初出張。プロダクションのストレスを知る。だが製作現場は興奮。
12月 ほぼホリデー。無。


生活がまた激変したことにも慣れ、学生時代の何かをリサーチして作ることの楽しさを懐かしく、恋しく思う日々。仕事をすることで現実を見る事が出来、ためにはなるが、日々、脳内を刺激するようなことをどこかで求めている自分を発見。
自分が一体どういったものを作っていきたいのか非常に悩ましい。現実を見れば見るほど、自分が成功するために何が必要なのかを考えてしまい、純粋な創作ができなくなるような気がする。俯瞰で見ると、ただ自分の内側に潜んでいるものを表現することに飢えているのでしょう。自分のキャリアと利益抜きの純粋な表現を切り離したところで行っていかなくてはいけないのでしょう。

ということで、2017年の目標。

1. self projectをたちあげて何かを作ってみる。自由に。
2. SNS アカウントを定期的に更新、themeを明確化すること。
3. 仕事に負けない。
4. 自分の手入れを怠らない。
5. 本を読む。


さぁ、今年はどういう1年になるのか、来年の元旦にまた落胆しないように気合いをいれなくては。。。




Friday, 1 January 2016

HAPPY NEW YEAR




2015

自分の作品に対して真摯に取り組むことができ、周りからの反応もある程度あり、2年間の学校生活に終止符。投資してくれた親に感謝で、これからはその投資に対して結果で感謝を返していかないとと思う上半期。

色んな人に出会い、色んな経験をし、意見をいただき、良い機会に恵まれ、人と人とのつながりに感謝感謝。自分が活動していきたい場所に行くため、臆せず自分の声を上げ、アピールしていく必要性を感じた下半期。
一つ一つの出会いにはご縁があることを改めて実感。周りに感謝を示していかないと。


2016

激動の2015を終えて、色々な教訓や反省を胸に、今年度は自分のいる環境に感謝しつつ、今後自分が築いていきたいキャリアに向かって本格的に土台を作っていく年にします。独立するため、今どこで何をし、何を見るか、本気で悩んでいるけども、一つ一つの決定は周りの支えありきであり、今までの点と線の上にあることで、全ては自分一人の力ではないということを心に感謝の気持ちを忘れず、選択をしていこうと思います。

活動する場はどこになるかは今の段階では未だに悩んではいるけども、一つ一つの決定が積み重なって自分の未来になるので、これからどうなるか、どうできるかが楽しみでもあったりしています。

というわけで、今年は

・人との連絡をきちんとする、特に感謝の気持ちはすぐ伝える。

・自分をプロモートする。
 具体的には、1. WEB SITEを完成させる。2. SNSを活用する。

・言葉で自分の考えを表現する。

・作品作り、構想、怠らない。



2016年、今年はどんな人と出会い、どんな年になるんだろう。

楽しみに思いながら、アンテナ張りまくって何でも経験していきます。


Friday, 21 August 2015

無題

表現

言葉

制限

自由

思考

力、影響

肯定、否定

批評

コミュニティー

需要、潜在的需要


自分はこれをして生きていきたいと心した2年前。

知れば知るほどにギャップを感じる。

こんなにも自分の感情を適切に表現できないものかと嘆きたくなる。

何かつまっているものがありながらも、言いがたい倦怠感に包まれている。








Friday, 11 April 2014

Such a beautiful world





何度見ても自然と涙がでてくる動画。



ピアノの音、ペダルの音、体の動きで出る音。

音がすべてを一体化してく様子が素晴らしく美しい。

音のある世界に感謝。



そして自分のしていることを心から楽しんでいる様子も心に響く。



楽しみながら熱意をもって表現することが大切だな。




Friday, 12 April 2013

Save rabbits


I'm mentally dead in japan.

I need to go forward, I got to.

Wednesday, 30 January 2013

Footwear


▲Volta▲









shoes shoes shoes

Everyday is all about shoes


また夜更かし。
もうすぐでポートフォリオが出来上がる、後少しの辛抱。


この世は靴だらけ。



Thursday, 22 November 2012

Saturday, 13 October 2012

深夜回想記 2

午前4時53分

またこんな時間に目が覚めた



髪を切った

後ろから見るとキノコみたい

サハラ砂漠はまだ絵のような姿

今もあそこは砂一色単。あぁ地球を感じたい。



Sunday, 26 August 2012

深夜回想記

ここに書くのももう8ヶ月ぶりとか。

時間の経過が異常に速くて困る。

深夜3時30分。
後ろで相棒が鼾をかいて寝ている。バスで寝て帰って来てしまったため寝付けず一人の時間。
フェイスブックで大学時代の友達を大量に発見して、6年前の記憶が蘇る。

今日もバイト、バースデーパーティー。明日もバイト、バースデーパーティー。来週末も同左。
ロンドンに来て2年半、なんだかんだで色んな人と出会った気がする。濃度は置いておいて。

早く寝ないと。
朝が明日の不安要因。あぁこわい。
良い日になりますように。



Tuesday, 28 June 2011

Yesterday


It was warm, no no, hot day.
Hang out with my boyfriend to Greenwich park which is our favorite place, with SLR camera, books and some sweets.